(社)香川県薬剤師会検査センター

 業 務 内 容
▼医薬品 ▼飲み水 ▼プール ▼浴槽水 ▼簡易専用水道
▼水道用機材 ▼食品 ▼農薬 ▼貝毒・フグ毒 ▼土壌
▼河川・工場排水 ▼産業廃棄物 ▼温泉水 ▼シックハウス ▼放射性物質
▼衛生検査 ▼その他 ▼依頼書一覧 ▼リンク集 ▼パンフレット

 近年の食生活の変化、生産規模の拡大、食品の種類の多様化に対して国は食品衛生法を定め飲食に起因する衛生上の危害を防ぐため各種の規格基準を定めています。



  当検査センターでは、食品衛生法に定められた各種食品の規格基準検査、添加物検査、加工食品の栄養成分検査を行っています。また、食中毒などの問題を未然に防ぐためのふきとり検査も行っており、一定条件下での保存検査、器具及び容器包装の規格検査の需要も高まりつつあります。
 厚生労働大臣登録検査機関として、安全な食生活の確保をとおして健康づくりにお役に立ちたいと思っています。

  栄養成分

栄養表示基準に基づく項目を中心に各種無機質、ビタミン類の検査を行います。

熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物など
ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄など
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど


  細菌検査

食中毒の発生を防ぐ目的や、病原菌の有無を調べるために検査します。
受付曜日:月曜日〜水曜日、祝祭日を除く(サルモネラは月曜日・火曜日)
※食中毒菌の検査につきましては、受付前にあらかじめご連絡ください。
また保存検査も受付しております(要予約)。

細菌数、大腸菌群、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ、腸管出血性大腸菌O157など


 食品添加物

食品の製造時または加工時に添加、混和されるものを検査します。

ソルビン酸、二酸化硫黄、亜硝酸根、サイクラミン酸、安息香酸など


  規格試験

食品衛生法に定められている規格のものを検査します。

乳製品、容器包装、清涼飲料水、冷凍食品、生食用魚介類など


  有害物質

人体に有害な作用を及ぼすおそれのある項目を検査します。

重金属類、フグ毒、貝毒、残留農薬、有機スズなど


 輸入食品検査

検体の採取及び試験をおこないます。依頼は採取調整のため事前にご連絡下さい。

 食品中の異物検査
 最近新聞等で食品中の異物が話題に上りますが、異物が何時何処で混入したかがわからないと同じ異物が再び混入する恐れがあります。異物が何であるかがわかれば生産工程をチェックし、異物が混入した箇所を発見することが容易になります。異物が混入しないよう生産工程を改善すれば同じ異物が再び混入することを防ぐことができます。
当検査センターでは食品の品質向上に必要な食品中の異物検査もおこなっております。食品中の異物検査料金等お問い合わせ下さい。

・ 受付場所 検査センター受付(薬剤師会館 3F)
・ 検査料金 検査料金は検査項目によって異なります。お問い合わせください。

検査依頼書のダウンロードはこちら >> (pdf) (xls)

検査依頼書(輸入食品)のダウンロードはこちら >> (pdf) (xls)

(一社)香川県薬剤師会検査センター

電話 087-834-5145
FAX 087-837-7901
E-mail kensa@kagayaku.jp


《戻る》
Copyright 2002 Kagawa Pharmaceutical Association All Righs Reserved