(一社)香川県薬剤師会検査センター


登録一覧 有資格一覧 依頼書一覧 パンフレット リンク集
検体取次ぎ場所         
 業 務 内 容
▼医薬品 ▼飲み水 ▼プール ▼浴槽水 ▼簡易専用水道
▼衛生検査 ▼食品 ▼農薬 ▼貝毒・フグ毒 ▼土壌
▼河川水・排水 ▼産業廃棄物 ▼温泉水 ▼シックハウス ▼放射性物質
▼アスベスト ▼塗膜      


アスベスト検査のご案内

  アスベスト含有建材(アスベストを0.1重量%を超えて含有するもの)は労働安全衛生法施行令により、2006(平成18)年9月から、製造・使用等が全面的に禁止されています。
 アスベスト(石綿)は1970年代から1980年代後半をピークに輸入され、主に建材に混入して建築物に多く使用されてきました。今後それらの建築物の解体棟数も2030年過ぎにピークを迎えると予測されています。アスベストを吸入することで、すぐには発症しませんが肺がんなどの健康被害が発生しています。まずはアスベストの含有の有無を調べ、含有されていた場合は関連法を遵守し、適切な対策が重要となります。
 検査対象  内装材、外装材、その他
 検査項目  アスベスト
 検査方法  JIS A 1481-2分析法
 検査手数料  お問い合わせください。 
 検体量  吹付け材や保温材等の柔らかい材料は、1ヵ所あたり10㎤程度(3×3×1cm)成形された薄い建材は1ヵ所あたり100㎠程度(10×10cm)
採取方法   調査対象(壁面等)の3所(左・中・右)から別々に採取し、それぞれの試料を密閉した袋に入れ、さらにその3つの試料を1まとめにして1試料とします。(下地材が見えるまで採取してください)※複数面ある場合は、それぞれから採取してください。
 採取時の
注意事項
1. 調査対象(壁面等)の3ヵ所から採取し、等量混合して1試料とします。吹付け材
  や保温材等の柔らかい材料は、1ヵ所あたり10㎤程度(3×3×1cm)成形された
  薄い建材は1ヵ所あたり100㎠程度(10×10cm))
2. 採取前に霧吹きで湿らせ飛散に留意し、鋭利なカッターなどを用いて採取しま
  す。
3. 防塵マスク、保護メガネ及びビニール手袋を着用してください。防塵マスクがない
  場合は、花粉症用のマスクの着用をお勧めします。
4. 採取した試料は、チャック付ビニール袋等の密封できる容器に入れて下さい。
  (二重密封が望ましい)
5. 採取後はスプレー接着剤等での養生をお勧めします。
 依頼方法  検体ごとにチャック付ビニール袋等の密閉できる容器に入れてご持参ください。(二重密閉が望ましい)当センターホームページから依頼書をダウンロードできます。
 検査日数  2週間~3週間
※検査の結果アスベストが検出された場合、検体を返却させていただきます。
 あらかじめご了承ください。


・ 受付場所 検査センター受付(薬剤師会館 3F)
・ 検査料金 検査料金は検査項目によって異なります。お問い合わせください。

検査依頼書のダウンロードはこちら >> (pdf) (xls)

(一社)香川県薬剤師会検査センター

電話 087-834-5145
FAX 087-837-7901
E-mail kensa@kagayaku.jp

《TOP》

Copyright 2002 Kagawa Pharmaceutical Association All Righs Reserved.